鹿児島に来たからにはご当地グルメを食べて行こうかと、さつま地鶏を専門に取り扱っているお店に行くことにした。丸万元祖焼鳥というところで、場所は天文館にある。今回とまったマイステイズ鹿児島天文館からも歩いてほんの数分というところにある。

創業は1962年というから60年くらい経つ老舗。メニューは炭火で焼いたモモ焼き、鶏皮、鶏のたたきというきわめてシンプルな構成。

このお店は漫画家の赤塚不二夫も贔屓にしていたとのことでお店のロゴもそうだし、店内のあちこちに手描きのイラストがあったりサインがあったりする。このお店がすごく好きで、そしてとても気前のいい酔っぱらいのおじさんだったんだろうな。親近感わいてしまう。

瓶ビールは赤星です
鶏皮をつまんでモモ焼きを待つ
さつま地鶏の炭火モモ焼き
つけあわせはキュウリ

メニューは鶏料理のみなのでメインの食事処で行くというよりも、二次会とかでちょっと食べに行くかと訪問するところかなあという感じがする。店内ではテレビでナイター中継がかかっていて、お客さんは食べたらさっと帰るという感じ。

炭火焼きが出てくるまで少し時間があるので瓶ビールを飲みながら、すぐに出てくる鶏皮を頼んでつまんで待つことにする。海苔がたっぷりとふりかかった鶏皮は弾力があってちびちいとつまみながらビール飲むのにちょうどいい。

モモ焼きを頼むとお通しとしてキュウリがついてくるのがこのお店の特徴。このキュウリをどうすればって思ってしまうのだが、脂ののった鶏肉の合間にキュウリでひと休みすると案外これがクセになる。うっすらと塩をふっていて美味しい。

そしてモモ焼き。そのまま出すパターンのほか写真のようにバラしてもくれる。初心者はこっちがおすすめやでってことでまずはばらしでいただく。表面の炭焼きの香りが食欲をそそるし焼きすぎず絶妙な火加減の肉は弾力があって美味しい。塩コショウというシンプルな味付けなのだがその分、鶏肉の旨みを強く感じる料理だなあ。たたきを食べなかったのがちょっと後悔しているくらいだ。東京でここまで美味しい炭火焼きってあまりないし、あってもわりと高いことを考えると手軽に食べられる丸万元祖焼鳥は最高だなと思うわけです。

お店の外観

丸万元祖焼鳥
住所:〒892-0844 鹿児島県鹿児島市山之口町12−31
時間:17時30分~0時00分(日曜は21:30まで)
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください