鹿児島の天文館あたりでシメのラーメンとして支持されているのはここ「のり一」のラーメンらしい。高いラーメン屋が多いなか数百円で食べられるという良心的な価格。そして、あっさりとした鶏ガラベースのスープ。ちょっと安っぽい感じも含めて、酔っ払ってシメに食べるにはちょうどいい感じがある。

そしてなにより、今回泊まったマイステイズの天文館からすぐ近くにあったので夜中に部屋に帰る前に行けるのがよかったな。

お店は天文館エリアにあって、レトロな暖簾が目印。店内の券売機でラーメンを買うわけだが普通のラーメンで十分に美味しい。そして、このお店は卵かけご飯を食べるべしといわれており、絶賛する人が多いので僕もそれにならうことにする。

これがウワサの卵かけご飯
ぐりぐりってかき混ぜて出汁醤油かけて食べます
そしてラーメン到着。優しいジャンクな塩味。

この卵かけご飯なのだが、タレが絶妙にうまい。薄味の醤油に昆布だしがブレンドされていてあっさりとした味わい。ラーメンなくてこれだけでもよかったんじゃないかという気がしてくる。そして激安、200円だったかな。朝食にも食べたい。

ラーメンは鶏ガラベースの塩味に化学調味料をばしばしかけた感じで味を整えている。好き嫌いあるのだと思うけれど、僕は科学の力で美味しいものが身近になるならそれでいいというタイプなので、思う存分に美味しく味わう。酔っ払った身体にこの少し濃いめの塩味がしみる。しらふで食べるとたいしたことないのかもしれないと思いつつも、この美味しさはいいなあ。お店の雰囲気も含めてすごく好きだ。いつかまた思い出す旅の味だな。

それにしても店名の「のり一(のりいち)」は一瞬「のりー」って音を伸ばす店名かと読めてしまい、随分と脳天気だがいかした名前つけるなって思っていた。

外観

のり一
住所:鹿児島県鹿児島市山之口町9−3
時間:11時30分~14時00分、20時00分~3時00分
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください