熊本からの移動。夜には福岡から飛行機に乗るのだが、それまでどこに行こうかと考えたとき、船に乗って対岸にある島原半島へフェリーで行けることを知った。21キロを60分でのんびりと移動する船旅って楽しそうだなと思い、少しまわりみちをしながら福岡へと向かうことにする。

熊本市内から熊本港までは結構遠くて車での移動でなければバスで移動することになる。熊本市外にある桜町バスターミナルから熊本港のフェリー乗り場までバスが出ていて45分くらいで行くことができる。結構遠い。バスはフェリーの時間にあわせて運行しているみたいだ。

熊本港を出港
朝食はこれ

熊本港と対岸の島原港は21キロ離れていてフェリーは1時間かけて移動していく。結構のんびりとした船旅を楽しむことができる。そしてなにしろ有明海がすごく美しいのです。錦江湾ともまたちょっと違う、雰囲気があり船内にいるのがもったいなく感じるくらいだ。ゆっくりを行き交う船とか通りぬける風とかずっと眺めていたくなる風景だった。

有明海、すごいきれい
島原半島が近づいてきました
島原に到着、雲仙がきれいにみえる

しばらくすると島原半島が見えてくる。そしてあっという間に島原港につくのだが、街の風景のすぐ向こう側にみえる雲仙岳が圧倒的な存在感をもっている。この風景は海からしか眺めることができないのだが、見ることができてよかったなあ。

熊本と島原の対比はなんだか東京湾フェリーの横須賀と浜金谷みたいだなと思いながら眺めていた。この船旅は結構楽しくていいと思う。

九商フェリー

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください