上野駅の東側って日本で2番目に古い佐竹商店街があったりして昭和の雰囲気がのこっている。このあたり、関東大震災と東京大空襲で焼け野原になっていた歴史があるなんてっていうくらいだが、碁盤目状に整備された町の雰囲気は昭和なんだけど、新しい下町って感じがする。

上野駅から歩いて15分くらいのところにあるのが「珈琲家 東上野店」という喫茶店で、土日がおやすみということもあり、近所で働いている人たちのための喫茶店という感じ。なかなか訪れるタイミングがなかったのだが、時間ができたので行ってみることができた。外観は普通の喫茶店という感じ。いまどき喫煙可なのがちょっと残念なのだが、まあお店の選択なのだから仕方がないか。

入口でオーダーをするのだが、コーヒーは深煎りのものが多くて喫茶店のコーヒーっていう感じだなあ。濃いコーヒーを味わったっていう感覚が残る。そして、このお店の売りはホットケーキなのです。頼むときに10分くらいかかるよっていわれるのだが、それくらいじっくりを焼き上げられたホットケーキは見た目にも絵本的というか美味しそう。1枚と2枚が選べるのだが、2枚はかなり食べ応えがある一品だな。これでランチ済ませることができそうなくらい。

コーヒー
スペシャリテのホットケーキ

たっぷりのメープルシロップがついてきて、「足りなくなったら教えてね」っていわれるのだが、もうこれだけあれば十分っていうくらいあって美味しい。そしてこのホットケーキの見た目がいいな。子供の頃に絵本でみたような表面のこんがり焼けた感じとふっくらした食べ応え。ようやく食べることができてよかったなあ。

昭和喫茶店めぐりのなかでもトップクラスのお店だな。平日にしか来られないというハードルの高さはあるけれどいつかまた訪れたい場所です。

珈琲家 東上野店
住所:東京都台東区東上野2丁目10−2
時間:8時00分~19時00分
休み:土日祝

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください