台湾の台東にやってきたら、早點大王と同じく朝食で有名な秒殺水煎包でも朝食を食べてみてもらいたい。こちらも旧市街のなかにあるのでアクセスはしやすいところにある。しかし、住宅街のなかで早朝6時前からやっているというのがすごい。

秒殺水煎包って「殺」とか入っていて物騒な雰囲気はあるけれど、お店は普通です。というか、基本的に家の前に屋台をだしていて土間みたいなところがイートインになっているという感じ。水煎包というのは台湾のローカルフードの一つで巨大な焼き小籠包みたいな感じがする。または、大きな焼き肉まんみたいな。小麦粉の皮のなかに具材を詰め込んで高温のフライパンでさっと蒸し焼きにしている。

これがメニュー表です
水煎包!ちょっと大きいけどひとり2つとか普通にいける
これが中身。キャベツたっぷりです。
この唐辛子味噌つけるとさらにうまい、つけすぎ注意
なんかこうお店のロケーションとか雰囲気がいいんだよなあ。

お店は早朝から午前中しかやっていないので朝食用のお店という感じ。店内で食べる人はまったくいなくて、みんな原付バイクでやっていては数個買って持ち帰りしている。とはいえ店内で食べると唐辛子味噌が置いてあってお店の人いわく「これ、めちゃ辛いけれど、つけるとうまいんだ」ってことだ。たしかに、シンプルな味わいの水煎包にちょっとつけるだけでだいぶ味わいが変わる。

秒殺水煎包の水煎包はひとつひとつが結構大きいのだけど、なかの具材に肉がはいっていなくてかなりさくっと軽い食べ応え。台湾ってこういうベジタリアン向けな軽い食事がすごい美味しい。具材はキャベツをメインにしていて、ネギとかがアクセントにはいっている。ここに唐辛子味噌をつけると味わいがだいぶ濃くなるが美味しい。しかし、そのまま食べてもほんのりとした優しい塩味が朝食向きだなあ。

素朴だが健康的な感じの水煎包での朝食。これもまた朝の台東の味だなあって思う。

お店。ほぼ屋台。

秒殺水煎包
住所:950台東縣台東市廣東路246號
時間:5:40 – 10:00
休み:日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください