会津鉄道を乗り継いで芦ノ牧温泉に到着。お座敷列車みたいな車両があって、お酒飲みながら列車旅が出来るのだけど途中から窓ガラスが結露で曇ってしまい、なんだかよくわからないうちに到着した。それにしても、大雪のなかを走る鉄道旅って非日常感がすごい。

会津鉄道と芦ノ牧温泉駅はアニメとのコラボレーションをやっているみたいで、あちこちに看板が出ていて知っている人にはたまらないんだと思うけれど、知らない人からすると「なんだか台湾の高雄の地下鉄みたいだな」とも思う。色んな集客があっていいので、これはこれで全然ありだとは思ってます。

芦ノ牧温泉駅は秘境がつづく会津鉄道のなかでは里山に近く有人駅で、かつ猫が住んでいる。この猫もまたアニメと関係があるみたいなのだが詳しいことは分からない。そして、猫の写真は撮ってはだめらしく残っていないのだけど。とはいえ、なんだか雰囲気ある駅だった。

芦ノ牧温泉駅
芦ノ牧温泉駅、冬に来るとすごい秘境にきた感じがある
駅の反対側
芦ノ牧温泉駅

この駅で降りたのはもうひとつ理由があり、会津ラーメンの人気店がこの駅から歩いていったところにあるのです。うえんでというお店なのだけど、焼き鳥とラーメンが人気ということで、ちょっと居酒屋のようでもある。ビールを頼んでまずは焼き鳥。肉が大きくてボリュームがある。濃いめのタレもまたビールによくあうなあ。

そして、ラーメンは会津山塩というものを使った塩ラーメン。会津山塩とは塩泉の温泉水を釜で煮詰めて塩を作ったものらしく、山からとれる塩ということらしい。岩塩の仲間みたいなものか。そして、この塩が味わい深いというかラーメンとの組み合わせがいいのか、さっぱりしつつも塩のあじわいを感じられるラーメンなんだよな。縮れ麺が食感ふくめて美味しい。

うえんで
ボリュームたっぷりの焼き鳥
会津山塩ラーメン

この山奥にあるラーメン屋さん、なかなか来るタイミングがないけれどいままで食べた塩ラーメンのなかではトップクラスに美味しいラーメンだったなあ。外が寒いだけに身体があたたまる美味しい料理だった。

うえんで
住所:〒969-5123 福島県会津若松市大戸町上三寄大豆田11−3
時間:9時00分~15時00分
休み:火曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください