冬の会津若松にやってきたのははじめて。夏はあんなに暑いのに冬にはこんなに雪降るんだ!ってびっくりした。駅前とかでも除雪はされているものの、人が歩くところ以外は結構埋まっちゃっているものなあ。駅前のホテルに荷物を置いて夕食に行ってみたのは駅から徒歩5分くらいのところにある天竜という居酒屋。

会津若松駅のまわりってビジネステルとチェーン系のお店が多くていまいちな感じがあるのだが、天竜は素晴らしく居心地いい居酒屋だった。地方の居酒屋ってこういうものだよなっていうのを体現している感じ。地元の人にも愛されて、旅行者も楽しめる。

名物の煮込み
会津郷土料理のにしん山椒漬け
馬刺しも絶品
砂肝的なものだったはず

基本的料理は居酒屋の定番的なものに加えて会津の郷土料理がある。寒いときにはあたたまる煮込みを頼んでみたのだが牛すじに根菜が入っている味噌味で安定の美味しさ。馬刺しはもちろんのこと、焼き鳥もボリュームがあって食べ応えありおいしい。

そして、ここで初めて知ったのがニシンの山椒漬け。北海道で作られた身欠きニシンの乾物を山椒と醤油などで戻したもので、山に囲まれた会津では貴重な魚料理。山椒がいいアクセントになっていて日本酒が進むのですよ。

店内にある飾り。雰囲気ある。

日本酒は昼間飲んだ国権のほか、会津若松の末廣などの地酒も揃っていて旅行気分が盛り上がる。なんていうか古民家みたいなお店の雰囲気もそうだし、完璧な感じなんだよなあ。こんないい居酒屋がまだこの世に残っていたのかって感動してしまうレベルです。城下町の文化っていいよなあ・・とほろ酔い気分で楽しくなってしまった。

天竜

天竜
住所:〒965-0042 福島県会津若松市大町2丁目5−15
時間:17時00分~23時00分
休み:日曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください