本来であれば行く予定ではなかったのだけど、お店の前を通りすぎたときにあまりにもお店の佇まいがよくて、それがすごく気になってしまったため「かしん」に行ったあと立ち寄ってしまった。結果として、旅先での出会いってこういうものだよなあって思い出深いお店になった。

宿毛のひょうたんのお店の場所は宿毛駅と東宿毛駅のちょうど中間くらいのところにある。ふたつの町をむすぶ静かな通り沿いにあって、夜ともなると車すら走っていないのだが、そこにお店があるのです。

ちょっと閉店間際に訪れたのだけど、とくに嫌がられるわけでもなくそのまま22時くらいまでいさせてもらってしまい、ちょっと申し訳ない。料理は基本的にガスのグリルで焼くホルモン焼肉。蛍光灯の光でお酒飲みながら黙々と肉を焼くわけです。

店内は清潔、わりと広い
ホルモン焼き
レバー、めっちゃうまかった
これ、ビールじゃなくてヴィンテージの焼酎なんです

お店のおじさんと話しをして、お酒の話しやら旅行の話しやらしていた。宿毛まで旅行に来たのが珍しいらしく、家に泊まっていく?といわれたのだが、ホテル予約してあるから大丈夫って話しをしたら、帰り際にお酒を一杯ごちそうしてもらった。

お店のおじさんは、宿毛からちょっと離れた愛媛県側の町に住んでいるみたいで、毎日何十年も変わらずここへ通ってきているとのこと。なんだか、この奇妙な出会いに感動してしまった。酔っ払っていただけかもしれないが。焼肉としての料理はちょっと離れたところから通ってくる常連さんがいるくらい美味しい。宿毛といえば、たしかに魚介類を食べずにはいられないのだが、こういうお店でまったりと過ごす夜もいいよなあって思えるところだった。次に宿毛へ来るのはいつになるか分からないが、元気にやっていて欲しいなあって思う。

すごい雰囲気ある

ひょうたん
住所:高知県宿毛市幸町7−41
時間:17時00分~21時00分
休み:月曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください