夜ノ森をあとにして福島市方面に向かったのだが、途中で立ち寄った道の駅で福島県には県内の一本桜を番付にしたランキングがあることを知る。番付表を眺めながら近くにどこかあるのかなあと思って見つけたのが玉川村の金比羅桜。ちょうど満開そうだというので観に行ってみることにした。

玉川村とは福島空港のあるエリアで金比羅桜も空港からほど近いところにある。住宅街を少しはいったところにある公民館の駐車場に車をとめて行ってみたのだが、普通の個人宅を開放していてびっくりした。なんと豪華な庭なのだろうか。福島って花見山もそうだけど、個人所有のものを開放してくれていて、美しいものはみんなで見ようという気持ちがあり、なんとも気前がいいというかすごくおおらかで好きだ。

個人の家ですよ・・ここ
天気もよくて桜も美しい
この桜は根元にある金比羅様をまもるように覆っています

入場は無料。入口で家のおばちゃんらしき人に挨拶して庭にお邪魔すると樹齢300年近い紅しだれ桜がまさに満開だった。ソメイヨシノよりもピンク色が濃いのが特徴とのことだが、話しをきいてみると満開の盛りを少し過ぎた頃になると徐々に花が白く変わってくるらしい。昨日はもう少し濃いピンクだったとのこと。

桜の木の下には金比羅様を奉るお堂があり、ここが個人宅の庭であることを忘れてしまう。まわりも花々で美しく整備されておりのんびりと過ごすことができる。夜にはライトアップまでされるらしい。

庭全体がすごく手入れされている
それにしてもこのしだれ具合。三春の滝桜もいいけれど、ここもきれいです。

ちなみに、この金比羅桜について、2019年の番付は「西の前頭十六枚目」とのこと。16番目でこんな豪華なのか! 福島の桜というと三春の滝桜か福島の花見山かとなってしまっていたけれど、それ以外にもこんなに魅力的な場所がああるのかと新しい発見があった。

金比羅桜
住所:〒963-6315 福島県石川郡玉川村中向62

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください