ハノイでは地元客だけでなく観光客にも人気の高いフォー専門店である「Pho Thin」。ハノイのお店はとんこつラーメン店みたいなめちゃくちゃローカルな雰囲気で、店先にでている寸胴鍋とかに本気を感じるお店なのです。ハノイにある本店の話しはこちら:フォー ティン(Phở Thìn)でハノイ名物の濃厚なフォーを食べる。

このお店のベトナム国外初出店がなんと東京で池袋にあるという。ハノイで食べたあの強烈に個性のあるフォーが日本でも食べられるのか!と池袋へでかけたついでに食べに行ってみることにした。お店は池袋駅の東口を降りてサンシャインに行く途中、少し脇道に入ったところにある。お店は地下にあるのだが案外広くてそしてハノイ本店と違ってカフェみたいにきれい。

Pho Thin TOKYOは店主がハノイのお店で修行をして現地の味を再現すべく暖簾分けして出店したお店みたいだ。Pho Thinはたしかにハノイじゃすごい有名店だけど、日本でどれだけの知名度なのだろうか・・しかし、その店名をちゃんと使って東京でも出店したところにこのお店の気合いやPho Thinの味を再現するためのリスペクトを感じる。

Pho Thin TOKYO
このねぎがたっぷりはいったフォーがうまいのです

当然だが、フォーの値段はハノイより高いけれどそれだけこだわりをもって作っているとは思う。出てきたフォーはまさにPho Thinのあのねぎだくな料理だ。なつかしいなあ、いや一度しか食べていないがハノイ旅行を思い出す。料理自体はハノイのお店より上品ではあるけれど、しっかりとした出汁はあのとんこつラーメンみたいな感じが再現されている。すごく美味しい。ラーメンもいいけれど、ここのフォーもまたスープの奥行きみたいなものがすごくた食べ飽きることがない。

惜しむらくは僕がなかなか池袋へ来ることが少ないということだ。家の近くにあったら通ってしまうお店だと思う。ここのフォーは、普段思っているフォーの概念が変わるくらい個性的であり美味しいので食べてみる価値があるし、これが東京で食べられるというのは本当にうれしいことだ。

Pho Thin TOKYO
住所:東京都豊島区東池袋1-12-14 ハヤカワビルB1F1
時間:1:00-21:00
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください