九十九里方面を車で移動していたときにランチで探したお店のなかで評判がよく、教えてもらったので「かずさ」へ行ってきた。九十九里の浜のなかでは北側の方、片貝海岸の近くにある。片貝海岸といえばバンクシーっぽい絵がみつかったところで有名な場所だ(今回は見に行っていないけれど)。

駐車場もひろくて、店内もわりと大きいのだがランチ時になると満席になって待つこともあるみたいだ。今回は開店してしばらくした11:30くらいに訪れたのだけどこの時間ではまだ空いていたものの、食事をして帰るころには待っている人が何組かいた。

お店の外観

いわし料理といえば蒲田でいったスズコウでその美味しさに感動したのだが、このかずさもまた九十九里のいわし文化ともいえるものがあって、いわしがまざまな料理に使われていた。

名物なのは「いわしセット」という料理で、これは刺身の他に房総名物のさんが焼きやごま漬け、定番の塩焼き、変わったところでは蒲焼きとかありとあらゆるスタイルでいわしが食べられる。ただし、かなり量が多いのでひとりで食べるのも結構ボリュームがある。

いわし定食のごま漬け、骨せんべい
刺身となめろう
いわし御膳ともいえる豪華さ
焼き魚もある
別途、注文したいわし寿司、これも美味しかった

近くのテーブルの二人組のおじさん達が、いわしセットをひとつと、もう一人はご飯とだんご汁を頼んでいていわし料理をシェアしていたのは賢いスタイルだなと思う。ふたりで来たのであればこのやり方がちょうどよさそう。

あとは、いわし寿司も人気らしいのだけど同じ寿司が大量にあるので一人であれば食べ飽きるかなあ。これもまたシェアして食べるのがいい料理だ。

それにしても、いわし料理。手頃な魚だといわれているけれど、こんなにも様々なスタイルで幅広い食材なのかと感動するくらいだ。天ぷらだけじゃなくて、ごま漬けとかも軽く酢でしめてあって美味しかったなあ。お店も広いので九十九里でちょっとランチするにはちょうどいいところだと思う。

浜料理かずさ
住所:〒283-0104 千葉県山武郡九十九里町片貝6928
時間:11時00分~15時00分、17時00分~20時00分
休み:水曜日、年末年始

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください