恵比寿駅からちょっと離れた小さな雑居ビルのワンフロアにある隠れ家のようでいて、明るい店内が印象的なレストラン。

アロマフレスカなどで腕をふるった田窪シェフによる旬の食材をいかしたイタリアンは見ても楽しいし、食べても幸せになれる。

ひとつひとつの料理の分量はかなり少なめなのだが、食べ飽きないという点ではこのくらいの量がいいのだと思うし、絶妙な間で出てくるので食事が終わったあとは満足感が高い。

これってつまりは、料理を食べ終わるのに時間がかかるということで、ランチであっても2時間くらいは時間の余裕をみておくのが無難だし、なんなら2時間半くらいかけて食べるのがベストだと思う。

料理自体は写真をあげておくが、季節によって異なってくるのでそのときの旬のものを楽しめる。僕は冬場だったので、牡蠣で冬の豊かさを味わい、菜の花で春を感じる料理はものすごい楽しくて嬉しい感じになった。この感覚はぜひ味わってみてもらいたいなって思う。

こちらのレストランは席数が少ないのと、貸し切りも多いようなのでランチ、ディナーともに予約して伺うのが安全。

前菜
前菜

アーリア ディ タクボ

菜の花のパスタ
菜の花のパスタ
牡蠣のリゾット
牡蠣のリゾット
メインの肉!
メインの肉!
デザート
デザート
食後のコーヒーまで手抜かりなし
食後のコーヒーまで手抜かりなし

アーリア ディ タクボ
住所: 東京都渋谷区恵比寿西1-12-11

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください