2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。

ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影禁止だったけれど、すごい印象に残る作品だった。

暗闇でじーっと眺めていると、時間を忘れてしまう感じ。繰り返しの楽しさと、ちょっとずつ違うものの楽しさが混ざって雰囲気を醸し出している。不思議な体験だったなあ。

そして、ここには山覚俵家というレストランがあって、ここでは地元の食材を使った混ぜご飯を提供している。これはもう・・見た目もきれいだし、なによりすごい美味しかった。

千葉の食材のバリエーションの豊富さと美味しさを存分に味わえるいいご飯だったなあ。これ、家でもつくってみたいのだが、生の落花生とかなかなか手に入らないんだよね。

車を停めるところはないものの、養老渓谷からの散歩がてらに来るにはいいところだと思う。

山覚俵家
山覚俵家

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください