僕はサッカーを観るのが好きで、Jリーグは1部でも2部でも観に行くし、旅行先で試合があれば観に行ったりしている。

なんかこう、地元に根ざしたチームの試合ってスタンドの雰囲気含めて楽しいし、技術はないけれど大味な試合になったり、フィジカルのぶつかり合いになったり、それぞれのレベルにあった試合観戦の楽しみ方があるのかサッカーのいいところなんじゃないかって思う。

で、先日は浦和レッズの試合を見にさいたまスタジアムまで行ってきた。千葉にあるフクダ電子アリーナとかもそうだけど、サッカー専用のスタジアムって見やすくていいよなって思う。雰囲気が全然違う。

迫力の北スタンド
迫力の北スタンド

サッカーの試合を観に行くのであれば、できれば試合開始より1時間くらいとか早めに行ってみるのがいいと思う。そのくらいの時間であれば自由席でも席を選ぶことができる。サッカーに関してはフィールドに近いからといって見やすいわけじゃなくて、ちょっとくらい上の方からみた方が試合を俯瞰で観られるのでおすすめ。

テレビの画面ではわからない選手の動きがみえたりして、場面ごとに連動した動きがあるのだなと観ることができる。

南スタンドはのんびりしている
南スタンドはのんびりしている

そして、浦和レッズの自由席といえばハードな印象があるけれど、南側のスタンドであればのんびりと試合を観ることができるし、このスタンドに関しては、なによりみんなサッカー好きな感じがいいなって思う。ビールでも飲みながらボールの動きを追っていくのが楽しい。

僕が観に行った試合ではセレッソ大阪のフォルランが出てきたのだが、彼の動きはすごかったのだが、それを完全に押さえ込んだ浦和の選手の動きも見応えがあった。だんだんとイライラしてくるのがわかったもの。

そして、試合は浦和が後半交代出場で出てきたユース出身の選手がプロ初ゴールを決めて勝利するという、これ以上ない盛り上がれる内容で楽しかった。

ワールドカップでサッカーに目覚めた方は、ぜひJリーグの試合も観てみて欲しいなと思う。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください