台南で今回泊まっている正興珈琲館の斜め向かいにあって、夜になると営業をはじめている果実店がある。

前に来たときは夜は疲れちゃっていたのだが、気になっていたので今回は寄ってみた。どうも、台湾の人たちって締めに甘いものとかスイーツ系を嗜むんじゃないかと思うのだが、ここもそうしたお店のひとつで、店先のテーブルが賑わっている。

オーダーはなんとか身振り手振りとかをつかってやってみればなんとかなる。出てきたのはこのメロンの宝石箱みたいなもの。ちょっと出てきたときに感動した。これでもこのお店で最も安いもので、実際に安いんだよね。豪華なのはどんななっちゃうんだ!と思ってしまう。

泰成水果行のメロン。宝石箱みたいだ。

フルーツの内容は季節によって変化するので、GW時期はメロンだったが、他の時期はまた別の果物が出てくるのだと思う。マンゴーの時期に来たい・・とすごく思ってしまった。→数年後、マンゴーの食べくらべをしたときのことはこちら。「泰成水果店でマンゴー食べくらべ

そして、お店の人たちが胸に「果」と書かれたTシャツ着ていて、あれ欲しいな・・と思った。果物に対してものすごい気合い入ったお店で、夜にこのあたりを通ることがあれば絶対に立ちよった方がおすすめ。

泰成水果行
時間:台南市中西區民生路一段122號
時間:12:00 – 27:00

Summary
shin
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください