台中から新幹線で台中へと戻ってきた。1時間くらいの時間であっというまな感じ。僕はこの高速鉄道のない時代を知らないのだが、これが台湾旅行の敷居をさげてくれているんじゃないかという考えはすごくある。

さて、台北での宿はいままで泊まってきたリビエラホテルではなく、新しいところにしてみた。今回泊まったのは丹迪旅店の大安店。

Dandy Hotelとも書かれているところで、それほど大きなホテルではないけれど洗練されたデザインと便利なロケーションのホテル。

なんといってもMRTの駅の出入り口から50歩くらいという距離で、雨降っていても気にせずホテルまで戻れる。1階にはコンビニもあるので不便はないし、なによりホテルからみえる大安森林公園の風景が気持ちいい。すごい優雅な気持ちになれる。

地下鉄の出入り口からみえるくらい近いロケーション

あとは朝食はホテルで食べるのが圧倒的におすすめ。

リビエラホテルは、日本語のクチコミでは朝食が美味しい!と評判だったが、僕としては・・・という感じで結局近所の屋台みたいなところで食べていたりしたのだが、丹迪旅店の朝食はかなりしっかりしていて豪華だった。これなら外行かないな。

施設自体も建てられて間もないのか新しくて清潔。トイレはウォシュレットつきという完璧な水回りでいうことがないくらい。ロケーションとしてもおしゃれな雰囲気がある信義エリアでちょっとカフェを巡ったりするのにも勝手がいい。

宿泊料金も手頃だったので、台湾の人にも人気みたいなのでなかなか予約取りづらいんだけど、僕としてはこれからの台北での宿はここに変えることになるな・・というところ。それくらいおすすめのホテルです。

予約の際にはちょっと高くてもパークビューの部屋がおすすめ。朝起きたときの気持ちの良さは格別だと思う。

予約に関しては楽天トラベルにて行った。
ダンディホテル(大安店)丹迪旅店(大安森林公園店) (Dandy Hotel DAAN)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください