日の基外国から来たゲストと飲みに行く場合、お金があれば六本木の田舎屋とか行けばいいんだけど、もっとホンモノのローカルバーに行きたい!という要望があるときにはこのあたりに来たりしている。

ということで、有楽町駅のガード下にある日の基に行ってきた。

すぐ隣には神日の基というのがあって、こちらはイギリス人の方がやっていてどちらもおすすめなのだが、今回はたまたま席が空いていたので日の基の方へ。

日の基すごいどうでもいい話なんだが、席にすわったときに出てくるおしぼりで顔とかふいちゃう男性というのは日本に限ったことじゃなくて、アメリカ人でもやるってことです。しかも、すごい絶賛しながらアタマまでふいちゃってる。

この日の基は雰囲気としては大衆酒場という感じなのだが、有楽町駅のガード下という立地もあり料金的には普通の居酒屋くらいな感じ。でもまあ、飲んで酔ってすぐ電車乗れるんだから楽ちんです。

とりあえずここで頼んでおかなきゃいけないおつまみは肉豆腐。これ頼んでつまみながらお酒飲んでいれば基本的に幸せになれるセットだと思う。

左が肉豆腐
左が肉豆腐

もっと安くてローカルな居酒屋もあるんだけど、このお店の暖簾くぐるときの敷居の低さ(良い意味で入りやすい)とかを考えるとついつい来てしまう、そして人を誘ってしまう居酒屋です。

日の基
住所:東京都千代田区有楽町2-4-4
時間:17:00~24:00

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください