2014年7月の夏休みを利用してベトナムとカンボジアに行ってきた。久々のベトナム航空。

前はよくも悪くもカジュアルだったのだが(機内食、もう一個欲しい?とか聞かれたことある)、いまでは普通のちゃんとしたエアラインになっていた。CAさんのアオザイ姿はかなりグッとくるものがあるのだが、今回は行き帰りともにすっかり寝てしまっていたのでちょっと損をした気分・・・。

成田からホーチミン行きの午前便については1時間ほど遅延した。どうもホーチミンからのフライトが遅れがちになるようで、帰りの便も1時間ほど遅れての離陸となった。

成田空港にて
成田空港にて

機内エンターテイメントはフライト中寝てしまっていたのでよく分からなかったのだが、あまり機体できなさそうな感じする・・・。ただし、機内食と機内でのお酒については機体してもいいと思う。最近じゃエコノミークラスで無料でお酒飲める機会も減ったしね・・。とはいえ、僕は最近フライト中の飲酒をあまりしなくなったのでこちらもよく分かっていないのだが。

ホーチミンから成田へのフライトについてはよく遅延するみたいなので、成田駅から都内への接続については余裕を見ておいた方がいいと思う。

また、ホーチミンのタンソンニャット空港は以前よりマシになったとはいえ、フリーWifiもみつけられず、空港のレストランは都内のレストラン並にバカ高い値段だし・・時間をつぶすのに苦労すると思う。出発階の3階にあるレストランとかマッサージで時間をつぶすしかないかなといったところ。

タンソンニャット空港
タンソンニャット空港

ベトナムへの入国について、現状では14日までの滞在であればビザも必要ないし、出入国カードへの記入もないのでかなり簡単に通過することができる。

タンソンニャット空港からホーチミン市街まではローカルバスもあるけれど、プリペイド(前払い式)のタクシー乗ってもUS10ドルそこそこなので、よほどのバックパック旅行でない限りはタクシー利用が便利。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください