飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。

このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのだけど、僕が一番好きなのはなんといっても秋の「いくら編」。

いくらの時期はこんな感じ
まずはビール頼んで待つ

僕は自分で鮭子買ってきて、自家製いくら作っちゃうくらい好きなのだけど、かわなのいくらは新鮮でとにかく美味いし、見た目も味わいも上品なので好き。

いくらを提供しているのは10~12月くらいの秋の時期(詳しい日程はお店のサイトを確認ください)、今回はもう乗り遅れないように旬の時期に訪問。

まずは瓶ビールを頼んでのんびり待っていると、ほどなくいくら丼が登場。

やや小ぶりのお椀にびっしりといくらが敷き詰められていて、これはもうすごい期待感がある。いくらに味はしっかりついているので、このまま食べちゃうのが僕は好き。小さいお椀のようにみえて、結構しっかりと量があるので満足できると思う。

今回、贅沢なことに追加で「いくら刺し」なるものを頼んでみた。

いくらの刺身

あのいくらを一粒ずつ箸でつまむようなものが出てくるのだろうか・・と思っていたら、皮をつけたままきれいに洗ったいくらが出てきた。

一口サイズくらいにまとめられていて、これにかぼすをかけて醤油でいただくのだけど、臭みもなくていくらの食感も強くてうまい。

ご飯にあわせるというより、お酒にあわせたい一品ですな。。

ということで、存分に秋の味覚を堪能できる、かわなの「いくら編ランチ」はおすすめ。

夏に訪れた「穴子編」はこちら

かわな
住所:東京都千代田区飯田橋1-5-5

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください