鹿児島の温泉といえば霧島とか指宿とかが有名過ぎて、あまり知られていないけれど地元を中心に人気があって、しかも鹿児島最古の温泉といえば川内高城温泉なのです。

西郷隆盛も通っていたらしく、逸話が残っているし、温泉街にはなぜか隆盛が温泉つかっている像がある。

山間の小さな温泉町で、クルマで行かないと不便なところだけど、かなり幅広い道を通っていけるのでアクセスはしやすいと思う。ただ、温泉町に入ると突然道幅が狭くなるので注意が必要。

川内高城温泉

丸善の日帰り温泉
丸善の日帰り温泉

かなり小さな鄙びた温泉町でそれがいいのだけど、宿泊ということになると自炊宿だけで丸善という旅館も最近では食事を出すのをやめてしまったとのこと。

なので、行くなら日帰り温泉がいいかと思う。

共同の温泉場もあるけれど、狭かったりするので人気なのは前述の丸善旅館の日帰り温泉。かなり安い金額ではいることができるし、お風呂も広いので快適。

いついっても、混雑するほどじゃないけれど、地元の人が来ているのが人気の証じゃないかと。

ここのお風呂はジャングル風呂といううたい文句なのだが、そこはまあ・・さておきちょっと熱めのお湯は結構強い感じがする。小さいながらも露天風呂もあって、そちらもおすすめ。

川内高城温泉ロビーには鉄道関連の展示がたくさんあって鉄分強めな人にも楽しいんじゃないかと。メジャーどころの温泉に行くのもいいけれど、たまにはこんな感じの鄙びた温泉っていうのもいいんじゃないかと思う。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください