薩摩川内から鹿児島空港に向かったのだけど時間もあるしと立ち寄ってみた美術館。山の上にあってアクセスがちょっと面倒なのだが、ここはすごい楽しかったしおすすめできる場所。

なんていうか、箱根彫刻の森美術館とかクレマチスの丘とかアートと自然が融合していて、そこにいるだけでとても居心地よくて気持ちがいいスポットになっている。

さらに!訪れたときは秋の特別企画展として「横尾忠則の地底旅行」をやっていたので、そこで瀬戸内以来、久々に出会った横尾忠則の世界もまた楽しかった。

アクセスとしては姶良町の街中から山道を進んでいくので車の運転はちょっと面倒かもしれない。しかし、登り切ったところには展望台があってそこから霧島の風景を一望できて気持ちがいい。ちょうど紅葉シーズンだったこともあって、きれいな風景を眺めることができた。

美術館の入り口には草間彌生の作品があって、建物のなかにも大きなハイヒールの作品があり、これがこの美術館の目玉になっている。

フォトジェニックな作品ですごいかわいい。

霧島アートの森

美術館は「アートの森」というように、森のなかにあって広大な敷地の中に作品が点在している。入り口でもらった地図をもとに歩いて行くのだけど、あれこれ楽しみながらいくので結構時間かかる。

すべてをみる必要はないかもしれないが、宝探しみたいな感じで面白い。そして、太陽の傾きの加減で作品の見方が変わってきたりするので、それもまた楽しいんじゃないかと。

霧島アートの森

特別展の横尾忠則の作品は瀬戸内国際芸術祭で出会って以来なのだけど、Y字路シリーズもあったりしてパワフルな感じにすっかりやられてしまう。

鹿児島ってこういうアートな環境とは少し離れているのかなと思っていただけに新しい発見だったし、すごい楽しかった。

今回は立ち寄ることができなかったんだけど、近くには有名な温泉などもあるので、霧島あたりに来たらおすすめできる場所だと思う。

霧島アートの森
住所:鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220
時間:9:00 – 17:00
休み:月曜日、年末年始ほか

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください