MRT中正記念堂駅のすぐ近くにあって、ひっきりなしに賑わっている食堂がある。いついっても並んでいるのだが、それでも食べたいのがここの魯肉飯。

列は食堂で食べるものと(結構長い)、持ち帰り用(あまり長くない)にわかれている。

食堂で食べる方の列に並ぶことになるのだが、わりかし回転はやいお店なのと、あちこちに席が増床されているので(ときとして路上とか)、思ったより並ぶ時間は長くならないと思う。

いくつか商品あるのだけど、やはり店名にもなっている魯肉飯を食べるのが定番。大と小があるのだけど、大でも日本の丼ものと比べてだいぶ小ぶりなので・・迷わず大を頼んでいいと思う。

大混雑だけど回転はやい
迷ったら魯肉飯を選ぶ

脂ののった豚肉と、しいたけが甘いタレで煮込まれていて、とろとろな感じがご飯にのっているので、言葉がわかれば「つゆだく」でお願いしたい・・と思ってしまうくらい。

台北の魯肉飯は色々食べてみたけれど、やはりメジャーなだけあって一度は食べておいて絶対損はないなと思った次第。台北グルメはローカルフードも含めて奥が深いな・・。

金峰魯肉飯
住所:台北市中正区羅斯福路1段10号-2
時間:8:00 – 25:00
休み:なし

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください