台湾で朝食といえば豆漿。あたたかくて酸味がある豆乳はひんやりした朝には最適だし、なによりあたたかい気持ちになる美味しさ。

わりとホテルの近所でみかけたお店で食べたりすることが多かったのだけど(何故なら朝は眠いから)、今回はちょっと有名なところにいってみた。

MRT雙連駅から徒歩数分のところにある世界豆漿大王。なんだかものすごい仰々しい店名だけど、見た目は裏通りにあるごく普通の豆漿のお店。入口にはバイクがとめられていて、ひっきりなしに地元の人がテイクアウトで買っていく。奥にはすこしイートイン的なコーナーがあって、ここで食べているのはだいたい日本人。

メニュー
お店の外観

日本語のメニューもあって、なににしようかなと思っていたのだけどお店のおばちゃんが「これと、これ有名」というのでそれをオーダーしてみる。基本的にいいなりなタイプなのです。

で、それで全然問題ない。というかすごい美味しい朝食を楽しめた。細長い揚げパンみたいな油条も食べたいなと悩んでいたら「それ豆漿に入っているから大丈夫!」といわれた。たしかに、あれまで食べていたらお腹いっぱいになりすぎていたと思うので、親切なお店だ。

豆漿
小籠包
葱餅・・だったけかな

ということで、朝からちょっと幸せな気分で朝食を楽しんだ。東京でもこういう手軽なお店が朝からあるといいのになあ・・って思うわけです。

世界豆漿大王
住所:台北市林森北路310巷27号
時間:6:00-11:30、18:00-23:30
休み:日曜日夜のほか不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください