せっかく銀座まで来たからには、なにかおいしいものを食べておこうというのが旅行者の心理というものではないかと思う。

そうしたときに、意外とおすすめなのがスイーツ系。なかでも、銀座~丸の内界隈はカカオサンパカからレオニダスまでさまざまな世界的な高級ショコラティエ店の密集地域で、今回訪れたジョエル デュランはピエール・マルコリーニの隣にあるお店。

ここはプロヴァンス地方のショコラティエということで、ハーブ系のチョコレートが豊富にあります。それ以外にも、オレンジピールやスパイスなどを使っているチョコレートがあったりして、ちょっと大人なラインナップ。

で、さらにおすすめなのは、ここはカフェを併設していて、店内はラベンダー色でシックな雰囲気。銀座にしては比較的ゆったりとした作り。週末には音楽のちょっとしたミニライブもあったりします。

ここでは、リエジョアというパフェがおすすめ。定番の他に季節の商品を使ったものがあったりして、今回はレモンのリエジョアを頼んでみた。

さっぱりした甘さと、レモンピールの大人な感覚の味わいがチョコレートとよくあっていて、おしゃれで抜群にうまい。お値段はというと1,750円で、コーヒーをつけると2,300円くらいかなになります。スイーツでカフェで一人の予算としてはちょっと高いというのが正直な感想。先週、山形の藤の家で食べたパフェの倍か・・とも思ったのだけど、銀座でこれだけゆったりと、手の込んだおいしいスイーツを食べられるのであれば、安くはないけれど高すぎるということもないのかな・・とも思う。

ただまあ、値段と知名度のこともあってほとんどの人は一見さんのようで、それほど混んでいないのはありがたいところ。

そして、日本で直営店ってこの銀座店だけだし、もしフランスから来た旅行者ということでなければ、ここでひと休みしてリエジョアを楽しむ午後の銀座はおすすめです。

Joël Durand Provence | ジョエル デュラン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください