ベランダ・バーリオデジャネイロのコパカバーナビーチの東端にあるレメ地区。

そこから山にへばりついているように建物が密集している地区があり、バビロニアというファベーラがあるのだが、そこで2014年にオープンしていきなり人気になっているのが、このベランダ バーとうところ。

バビロニアの端からさらに階段をあがっていき、そこからさらにちょっと登山道みたいな路地をすこしいったところにある廃屋みたいなバーなのだが、ここから眺めるコパカバーナはどんな高級住宅街からみるよりも美しく圧倒的。

バーからの眺め
バーからの眺め

ここのスタッフはもともとはリオデジャネイロでも屈指の高級なエリアであるレブロンで働いていたらしいのだが、同郷のコロンビア人たちで自分らのお店をここに作ったみたい。なので、バーにはコロンビアの国旗が掲げられている。

こういうようにブラジルって移民が多いのだけど、みんなが自分の世界をもっていて、それでいて調和がとれた世界だなって感じる。これこそがブラジルの力なのだろうな。

で、バーに話を戻す。ここは下界のバーと比べてもそれほど安いわけじゃないのだが、ビールは抜群に冷えているし、カイピリーニャも絶品。数種類あるので、飲み比べてみるのもいいと思う。日本で飲んでいたのがなにか間違えじゃないかと思うくらいに美味しいカクテルだ。

ベランダ・バー

ビールについては、瓶ビールが出てくるのだけど、これがちょっと変わっていて蓋の王冠がキャップみたいに手ではずすことができる。もっとも安いビールに限ったことらしいのだがちょっと不思議。

カイピリーニャはノーマルなものの他に黒糖使ったものやショウガをいれてアレンジしたものなどがあったりするのであれこれ楽しい。しかし、アルコール度数結構高いので過度に酔ってしまわないように注意すること。あくまでもここ、ファベーラだし。階段下っていくのがきついと思う。

お店のスタッフはポルトガル語とスペイン語はできるけれど、英語はほぼ通じない。ドリンクのオーダーについてはオーダー毎に現金払いで支払う。

そして、ここがもっとも盛り上がるのは夜。しかも、大晦日から年越しにかけての夜。ぼくはリオデジャネイロの年越しはここのバーで過ごしたのだけど、ここから眺めるコパカバーナの花火は圧巻だった。夜はかなり賑わって入れないことも多いので、予約をするか夕陽の頃からきてみるのがいいと思う。

カウントダウンパーティーの夜
カウントダウンパーティーの夜

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください