今回コパカバーナで泊まったアウグストス ホテルのすぐ近くにあって、ホテルのフロントのおじさんも大推薦だったのが、このガレット サットというレストラン。

ガレットとはリオデジャネイロの名物料理で、生後30日以内の若鶏を炭火焼きにする料理。シンプルだけど、これが美味しい。

専門店はあちこちあるけれど、みんな「ガレット サットは抜群に美味いで」とおすすめするくらい。

見た目は普通の街のレストランといったところなのだが、夕方くらいでも結構人が絶えず入っているところをみると、確かに人気店なのだろうなって思う。

店内はちょっとバーみたいな感じもする

ここではガレットはいくつか種類があったのだけど、定番的なものを頼んでみた。

まずはビールを飲みながらしばらくまっていると、ステンレスのおさらに無造作に盛りつけられた鶏肉が登場。本当にシンプルなバーベキュースタイルなのだけど、このスタイルこそがここの土地にあっている気がする。

これがガレット

ということで、ここはシンプルに手でいただくことにする。外はこんがりと焼かれてパリッとしていて、なかはジューシーで柔らかい。焼き鳥とも違うけれどもシンプルな塩コショウの味付けがビールとあうなあ・・・。それでいて安いし。みんながおすすめする理由がわかる。

コパカバーナで安く食事をあげたいならば、ちょっとビーチからは外れているがここに来るのが正解じゃないかって思うし、リオデジャネイロのグルメとしてガレットを食べてみるのはおすすめ。

Galeto Sat’s
住所:R.Barata Ribeiro 7-D, Copacabana, Rio de Janeiro
時間:12:00 – 深夜まで
休み:年末年始など

保存

Summary
shin
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください