和田浦港から和田浦の浜で遊んだあと、春の大山千枚田を訪れてみた。

田植え前の水をはった田んぼは、谷間に小さな鏡が敷き詰められているみたいで、明るく光っていて美しい。

これが夏には稲が育って、秋には刈り取られてまた大山千枚田の夜祭りが行われるのかと思うと、時間のながれと景色の移り変わりに不思議な感覚がある。

棚田を一望できるところには棚田倶楽部というところがあり、この棚田を維持管理している組織なのだけど、カフェもやっていて訪れてみることにした。

大山千枚田棚田倶楽部

オープンテラスになっていて吹き抜けてくる風が抜群に気持ちいい。カフェの設備としては幅広くあるわけではなくて簡易的なものなのだが、オーガニックなドリンクが味わえる。

僕は柚子のお茶を頼んでみたのだが、地元産の柚子をつかったあたたかみのあるドリンクはなんだかゆったりした気分になれる。

大山千枚田棚田倶楽部大山千枚田棚田倶楽部

穴場的な場所にあるカフェで、棚田倶楽部としての活動をしているときは入ることが出来ないのだが、千枚田とあわせて訪れてみたい。

棚田倶楽部
住所:千葉県鴨川市平塚540
時間:9:00 – 16:00
休み:火曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください