週末を利用して香港に行ってきた。香港エクスプレスを利用すると、金曜日の深夜25時に出発して、日曜日の23:30くらいに戻ってくるフライトスケジュール。

しかも羽田便、そしてセールのプロモーションを利用すると諸税入れても2万円ちょっとという利便性かつお得感。関西まで新幹線で旅行に行くより飛行機で香港行った方が安いという状況はすごすぎる。

ということで、はじめて羽田の国際線ターミナルを利用してのフライト。みんなが羽田の国際線ターミナルはテーマパークのようにすごいと絶賛してたのだが、その理由がわかった。それほど大きなターミナルではないけれど、日本的な要素が凝縮されていてトイレとか感動するくらいだものな。駐車場からターミナルまでの近さも圧倒的だし、都内からのアクセスも便利。

近未来感のある羽田空港国際線ターミナル
香港エクスプレスのカウンター

こんな便利なところからのフライトでLCCだなんて申し訳ないくらいだなと思ったのだが、帰りの香港便でこの状況は一変する。しかし、その前にフライトの話し。

香港エクスプレスはLCCという立ち位置だけど、簡易的な機内食はでるし、機体も新しいしそこらへんのレガシーキャリアよりもフライトのサービスはよいと思う。機内エンタテイメントはないけれど、そもそも深夜便だし寝ちゃうからあまり関係ない。シートのピッチもそんなに窮屈さを感じるほどではない。乗客は日本人は少ない印象。香港から日本に来るリピーターの旅行者が使っているイメージを受ける。

羽田から香港へのフライトについては、香港に朝5時過ぎに到着しちゃうので、鉄道の始発である6時半までしばし待つ必要があるが、ATMでお金おろしたりSIMカード買って設定していたりすると時間は過ぎてしまうので気になるほどでもない。

帰りの便は夕方発なので16時過ぎには香港空港に到着しておく必要があるのだが、ここはもう余裕を持ちすぎるくらいの気持ちで来た方がいい。というのも、香港空港に新しく出来たLCCターミナルはえらく不便でやたらと時間がかかるから。

僕は出発2時間前に空港についたのだが、チェックインで並び、出国で並び、手荷物検査でさらに並んで、そこからライトレールみたいなのに乗ったりバスに乗ったりしてゲートについたときには出発の30分前だった。2時間前でこれだから、時間の余裕をみておかないと面倒なことになりそう。

香港では新しくできたターミナルからチェックインする、これが不便

あと、香港エクスプレスはいまのところチケット購入時の座席指定はできるものの、オンラインチェックインには対応していないのと、手荷物の重量測定はわりと厳密にやっているので、荷物が多くなりそうな人はあらかじめ預け入れ荷物の容量を購入しておいた方がいいと思う。

香港エクスプレスは、LCCだけど羽田便があって総じて利便性の高い航空会社だと思う。香港旅行が一気に身近なものになったなというところ。この旅のスタイルははまりそうだ。ちょいちょいセールもやっているのでチェックしておくのがおすすめ。

香港エクスプレス

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください