ひさびさのミャンマービール
ひさびさのミャンマービール

友人が曙橋のミャンマー料理店行こうぜって突然言い出しので、なにいってんのかよくわからんかったがついて行ってみることにした。

そしたら、友人はこの店の人(ミャンマー人)と仲良しらしく、いろいろよくしてくれたのだが、それはそうと久々にちゃんと美味しいミャンマー料理食べたなあというところ。

東京でミャンマー料理といえば高田馬場のノング インレイが有名だけど、こっちの方が馴染みやすくて美味しいかもしれない。

納豆のせんべい

場所は曙橋と四谷三丁目で、ちょっと行きづらいところ。見た目も中身も居酒屋を居抜きでつかっている感じで、どうにもエスニック料理店な雰囲気はしないけれど、店主はミャンマー人。

ノング インレイ同様にミャンマーのシャン族ということで、エスニックでありながらちょっと中華料理的な要素があったり、発酵食品を使った料理が美味しい。

ビールのおつまみで出された「納豆せんべい」が抜群においしかった。たしかに、ミャンマー行ったときも粘りけのない納豆があってすごいびっくりしたのだが、それをおせんべいみたいにしたとのこと。ちょっと強めの塩気があって納豆を塩で食べている感じがまたビール進んでしまう。

豆と高菜みたいなものの炒め物、豆腐のあげもの
ソーセージ、辛いけれど美味しい
これはなんだか・・わすれた

そして、定番の豆料理と高菜みたいな野菜の炒め物と豆腐料理。油を大量に使っているのだけど、それほどくどくもなくて美味しい。豆腐の揚げ物はまさに日本の豆腐のようで、エスニックが苦手な人でもいけると思う。

そして、タイとかでもみるソーセージも抜群に美味しい。これはノング インレイで食べたものより美味しくてミャンマーで食べたものより安心して食べられる。シメにはモヒンガーというミャンマーでは主に朝食に食べる麺料理。

魚のだしを使ったカレースープに米の麺、魚の臭みを消すためにナンプラーみたいな魚醤を使うという好き嫌いがはっきりする料理。食べているとちょっと癖になるところはある。

モヒンガー

なにより店主のご夫婦の人柄がよくて、なんだか落ち着く。まじめでしっかりもので、なんだか日本人の友人と話ししているみたいだ。値段も手頃な料理が多いので、エスニック好きにはおすすめできるところ。

ゴールデン バガン
住所:東京都新宿区富久町8-20 カーサ富久町 1F
時間:11:30-14:30,17:00-22:00
休み:日曜、祭日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください